「緊急特別無利子貸与型奨学金」の申込みについて

  

◆緊急特別無利子貸与型奨学金とは

新型コロナウイルス感染症の影響で、アルバイト等の収入が激減した学生を対象に、令和3年3月までの一定期間、無利子で奨学金を貸与するものです。

※本奨学金は、第二種奨学金(有利子)制度を活用しつつ、利子分を国が補填し、実質無利子にて貸与されます。

 

◆対象:本学に在学する正規生(外国人留学生除く)

  

◆貸与月額:2万円~12万円(1万円単位で選択可)

  

◆貸与期間:令和2年4月以降の希望月~令和3年3月まで

  

◆申請要件:以下の①~⑤を満たすこと

①第二種奨学金の基準(人物・学力・家計)を満たしていること

②推薦時において、第二種奨学金の貸与を受けていないこと

③家庭から多額の仕送りを受けていないこと(仕送り額が授業料等含め年間150万円以上でないこと)

④生活費・学費に占めるアルバイト収入の占める割合が高いこと

⑤学生本人のアルバイト収入が新型コロナウイルス感染症拡大の影響により大幅に減少(前月比50%以上減少)したこと

  

◆申請書類

 以下書類を揃えて、期限までに提出すること。

1.学部学生 ※以下の1、2、4、7は指定様式をダウンロードして提出してください。

提出書類確認票     

スカラネット下書き用紙

            

「スカラネット入力に関する補足」を参照のうえ、必要事項を全て鉛筆で記入し提出すること。

通帳のコピー

銀行名、支店名、口座番号、口座名義のわかるページ

確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書

           

記入上の注意と記入例を参考に記入すること。未成年者は、親権者の自署・押印が必要。

生計維持者(原則父母)の所得課税証明書(2019年度(20181月~12月分))

2020年度(2019年収入)ではなく、2019年度(2018収入)の証明書を提出すること。

生計維持者の収入を証明する書類  

※生計維持者が201812日以降に転職等により生計維持者の収入に変化が生じている方

※生活保護受給している方

※年金を受給している方

※児童扶養手当や児童手当などを受給している方 など

生計維持者が「貸与奨学金案内」P32に該当する収入を得ている場合は、P32記載の「必要な証明書類(3334ページ参照)」を提出すること。

控除に関する書類     様式はこちら

 1.母子父子家庭→様式1

 2.障がいのある人がいる→ P38提出書類

 3.長期療養→様式2+P38提出書類

4.単身赴任→様式3+P38提出書類

 5.火災・風水害被災→様式4+P38提出書類

「貸与奨学金案内」のP38特別控除に該当する場合、左記の「控除に関する書類」を提出してください。

急変前後のアルバイト収入を証明する書類

※証明書類が提出できない場合は、自由様式による「自己申告書(急変前後のアルバイト収入額と証明書類を提出できない理由を記入)」を提出すること。

例)急変前後の給与明細、急変前後の給与額がわかる通帳の写し等

2.大学院生 ※3以外全て指定様式です。各自ダウンロードして提出してください。

提出書類確認票

スカラネット下書き用紙

「スカラネット入力に関する補足」を参照のうえ、必要事項を全て鉛筆で記入し提出すること。

通帳のコピー

銀行名、支店名、口座番号、口座名義のわかるページ

確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書

記入上の注意と記入例を参考に記入すること。

収入計算書(前年用・本年見込用)

前年の収支と本年の収支見込みを自己申告にて記入。裏面もあるので注意。父母等からの給付(仕送り)がある場合、給付者の自署押印が必要。

アルバイト収入状況証明・申立書

2019年収入分(様式1-1)

2020年収入分(様式1-2)

急変前後の給与明細、急変前後の給与額がわかる通帳の写し等を添付すること。

奨学金受給申立書

2019年分(様式2-1)

2020年分(様式2-2)

  

◆申請期限:令和2年7月2日(木)17:00

  ※期限までに提出が困難な書類がある場合は、事前にご相談ください。

 

◆提出先:学生支援部学生生活支援課経済支援係

     (330記念交流会館内2番カウンター) 

 

◆問合せ: kouseiof.miyazaki-u.ac.jp

      ※〇を@におきかえてください