令和2年度 入学料免除・徴収猶予、授業料免除

(災害特別枠)

 

激甚災害に指定された以下の災害に被災された学生・保護者の皆様に対しまして、令和2年度入学料免除・徴収猶予、授業料免除の申請を受け付けます。申請希望者は、下記により手続きを行ってください。

※各種免除等の申請をする場合、入学料免除・徴収猶予、授業料免除の結果通知があるまで、入学料や授業料は振り込まないでください。 

1.支援対象となる災害

・平成28年熊本地震(授業料免除のみ申請可)

・平成30年西日本豪雨(授業料免除のみ申請可)

・平成30年北海道地震(授業料免除のみ申請可)

・令和元年8月13日から9月24日までの間の暴風宇及び豪雨による災害(入学料免除・徴収猶予、授業料免除に申請可)

・令和元年台風第19号、20号、21号(入学料免除・徴収猶予、授業料免除に申請可)

・令和2年7月梅雨前線豪雨による災害(入学料免除・徴収猶予、授業料免除に申請可)

 

2.支援対象者

本人又は家計支持者が1.の災害により被災し、次のいずれかの事由により入学料や授業料の納付が困難な者。

1)本人又は家計支持者が居住する自宅家屋が1.の災害により被災した場合 ※入学料免除は半壊以上の被害があった場合を対象とします。

2)1.の災害により主たる家計支持者が死亡した場合 

※日本人学部学生で「高等教育の修学支援新制度(日本学生支援機構の給付奨学金+入学料免除・徴収猶予・授業料免除)」と災害特別枠との併用不可(令和2年7月豪雨除く)。併願は可能です。

申請する前に新制度の対象となるかどうかを以下(日本学生支援機構給付奨学金サイト)により確認してください。

          ●新制度の申請資格確認 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/kyufu/shikaku/zaigaku.html

          ●新制度の支援対象区分の確認 https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

 

3.申請期間

〇新入生(学部学生・大学院生)※令和2年10月入学

 入学手続き期間(他の入学手続き書類と併せて郵送してください)

※入学料免除・徴収猶予を申請する場合、入学料の振り込みをせずに、

  ・学部学生は「入学料振込証明台紙(学部学生用)」の

    3.入学料の免除と徴収猶予を申請しました に〇をつけて提出してください。

  ・大学院生は「入学料振込証明台紙(大学院生用)の

    2.入学料の免除申請または徴収猶予申請をしました に〇をつけて提出してください。

※新1年生は、書類提出後(入学後)、面談があります。

面談日等は以下のとおりです。

  10/2(金)13:00~16:30

   上記のうち、都合のよい時間にお越しください。1人あたりの所要時間は5分程度です。ただし、時間帯によっては1時間程度お待ちいただくこともありますので、時間に余裕をもってお越しください。

面談場所:330記念交流会館コンベンションルーム

〇在学生(学部学生・大学院生)※令和2年4月入学含む

令和2年9月3日(木)~16日(水)※土日除く のうち、事前予約した日時

※在学生は証明書自動発行機での申請日予約が必須となっております。

予約受付期間は令和2年8月31日(月)までですので、ご注意ください。

期間中に事前予約が困難な場合、8月21日(金)までに学生生活支援課に申し出てください。

 

4.提出書類

  1.申請書類確認票 A、B  ダウンロード

  2.申請資格確認票兼新制度対象外申立書(様式(資格)) ダウンロード ※学部学生のみ

  3.入学料免除・徴収猶予申請書(様式(入免)) ダウンロード  ※入学料免除と入学料徴収猶予を申請する者のみ

  4.授業料免除申請書(様式(授免)) ダウンロード 記入例 ※授業料免除を申請する者のみ

  5.家計支持者(原則父母)の所得課税証明書(原本)(現時点で取得できる最新のもの) ※市区町村役場で発行 ※学部学生のみ

  6.公共機関発行の被災(罹災)証明書(写しでも可) ※市区町村役場で発行

  7.結果通知用の封筒(長形3号の封筒に84円切手貼付して、宛名を記入したもの)  封筒作成例

 

5.提出方法

〇新入生(学部学生・大学院生)※令和2年10月入学

入学手続き書類と併せて4.提出書類を郵送してください。

〇在学生(学部学生・大学院生)※令和2年4月入学含む

事前予約した日時に、4.提出書類を提出してください。

(提出場所:330記念交流会館コンベンションルーム)

 

 

〇学務規則第42条により懲戒処分を受けた場合は、許可が取り消しとなります。

〇修業年限を超えている場合は申請できません。

〇令和3年度の免除(災害特別枠)については決まり次第お知らせします。

〇問い合わせ先

宮崎大学学生支援部学生生活支援課経済支援係

0985-58-7976、7140、7882